::超音速の暇つぶし::

カテゴリ: ショートストーリー

【洋】       「そういや久しぶりに童話とか読んだんだよ」
昼休み、留学生のアスタに声をかける。
【アスタ】   「へー童話かー」
日本通のアスタが流暢な日本語で返す。
【アスタ】   「なんてやつ読んだの?」
【洋】       「白雪姫」
【アスタ】   「しらゆき…ひめ?」
【洋】       「あ、アスタの国では違う言い方か」
【アスタ】   「スノーホワイトのことかな?」
【洋】       「あー確か英名はそんなだったような…」
映画か何かでそんなタイトルを見たことがある。
【アスタ】   「リンゴを持った魔女が――――」
【洋】       「お、そうそう!」
【アスタ】   「町でリンゴを売ろうとするんだけど全然売れなくて」
【洋】       「…ん?」
そんなだったか…?
【アスタ】   「空腹に耐えきれずにリンゴを食べてしまう」
【アスタ】   「すると不思議なことに食べてる間だけ望んだ幻想が…」
【洋】       「それマッチ売りの少女だよね!?」
【アスタ】   「最初のリンゴで山のような食べ物…」
【洋】       「今リンゴ食べてるのにっ!?」
【アスタ】   「次は山のようなお金…」
【洋】       「一番虚しくなるタイプの幻想っ!」
【アスタ】   「そして最後のリンゴで死んでしまった両親の幻を見るんだけど」
【洋】       「老婆だから下手したら両親年下っ!」
【アスタ】   「食べ終えた時には魔女も死んじゃうっていう…」
【洋】       「毒リンゴだからねっ!!」
【アスタ】   「……白い雪の上で死んじゃうっていう…」
【洋】       「あーだから白雪姫…ってやかましいわっ」
―――――――――――――――――――――――――――――――――
SSついでに近況報告っ(´A`)
現在、1月中旬完成を目処に短編ノベルゲーム制作中です!
短編なため完成までほぼほぼ情報を出せないかと思いますが
とりあえず何かしらしているという報告だけ(*’ω`*)ゞ 
あ、SSの名前はあるものから(ヒント:洋→よう 17族


【和子】   「ツモっ! 自風西のみ。500 300 300」
 
【一平】   「は?」
【和子】   「やったねっ」
【順】     「………え?」
【和子】   「ほら早く点棒よこしなさいな」
【一平】   「あ、あぁ悪い」
【順】     「え、あ、うん……いや違うやろっ」
【和子】   「へ?」
【一平】   「良く言ってくれた順。このまま流れてしまうのかとヒヤヒヤしてたとこだ」
【和子】   「あー……そっか枕も端牌にすればチャンタもついたか」
【和子】   「んーまぁ上がれる時に上がるに限るしね」
【順】     「違うやろぉぉおおっ!!」
【一平】   「見ろカズ。関西出身のくせに普段滅多に大声を出さない順がこの声量だ」
【和子】   「声量だったら見ろじゃなくて聞けじゃね?」
【一平】   「あ、そっか」
【一平】   「これだからカズはあなどれなちっがぁぁぁあうっ!!!」
【順】     「天ちゃん。今何やってたか思い出してみようか」
天ちゃん、カズこと天野 和子(あまの かずこ)が首をひねる。
【和子】   「……麻雀?」
【一平】   「これだけ悩んで出た答えがそれか、そうか、
        うん、そうだな、よし、これは駄目だ」
【順】     「そうやな。麻雀やな」
【順】     「ただいま26時間耐久中でやけどな」
100キロ走りながらやってるの?
なんて言われそうに長いこの戦いは、
もちろん普通に麻雀を打っているわけではない。
【一平】   「見ろ。いつもはうるさいほどに騒いでるコージが今や見る影なしだ」
【こうじ】    「…いいさ」
【こうじ】    「……でももう俺が登場することはないだろうな」
無草 こうじ(むそう こうじ)。
うるさいという一言だけで片づけられてしまう悲しい奴。
意味不明な一言を残し廃人入り決定。
【和子】   「あーそうか。役満だっけ」
何がきっかけか、カズが現在最も重要な単語を口にする。
【一平】   「そういうことだ」
【順】     「……役満が出るまで誰も帰れないんやからね?」
役満縛り。……いや言葉の意味は違うが
現在俺たちはそれに近いことをしていた。
【和子】   「えへへ~」
役満が出るまで麻雀縛り。言いだしたのは誰だったか……。
つまりはそういうことで役満が出るまで麻雀をやめることができないわけだ。
まぁやめてもいいんだが……もう完全に意地だ。
【一平】   「……ってか」
【一平】   「忘れてたにしても…ちょっとは役満狙ってくれよ」
捨て牌を見た感想。序盤から初牌の字牌捨てすぎだ。
【和子】   「いや~」
【和子】   「一平は大三元狙いの字一色も視野にって感じで」
【和子】   「じゅんじゅんは四暗刻かな? 今の」
【一平】   「あ…あぁそうだけど」
今の今まで役満縛りを忘れていた人間とは思えないほどの
完全な見抜きに一瞬言葉に詰まる。
【和子】   「えへへ~」
【一平】   「えへへ~、って」
【一平】   「お前がそれなりに役満狙っててくれたら
        上がれたかもしれないんだぞ、おい」
久しくぶりにかなり惜しいところまで行っていたのに…。
【順】     「…………ちょっと待って」
【和子】   「えへへ~」
【順】     「そのセリフ…デジャヴなんやけど」
【一平】   「……え?」
【一平】   「…いやまぁ和子さっきからこれ多いからな」
デジャヴというか、現にさっきから俺は
カズに何度もこの言葉を言っている。
【和子】   「げへへ~」
……なんか笑い方変わってきたな、こいつ。
【順】     「……いやでも、そのセリフ聞くときは絶対
        うちらが上がれそうな時なんよね」
【一平】   「…………おいまさか」
【和子】   「ぶへへ~」
【和子】   「ここまで来て他人に役満上がられてたまりますかっ」
なん…だ…と?
【一平】   「おいふざけんな! さっき会話はなしだけど
        出来るだけ協力プレイを心がけようと話しただろがっ」
さすがの26時間。
とうの昔に限界を迎えていた俺たちは協力プレイを提案し
できるだけそれに乗っとって行動してきた……はずだった。
【順】     「上がれないはずや……」
元から役満目指してるとわかっている奴を蹴ることほど簡単なものはない。
…つまりはカズとやってる限り一生終わらないというわけで。
……つっても――――
 
【順】     「……でもここまで来てやめるわけにもいかないっ」
 
【一平】   「…死ぬ気か」
【和子】   「ぶへへ~さぁ次やりましょうぜ~ぶへへ~」
悪魔顔負けの笑みを浮かべながらジャラジャラと牌を混ぜる。
……こんな奴に負けられるかっ。
【一平】   「こうじ……存在感はないが確かに生きてるな」
すでに聖水で蒸発しそうな勢いだがギリギリ卓に座っている。
任せとけ…カタキは必ず取ってやるからなっ。
【一平】   「やってやるぜっ!!」
【順】     「よく言ったイッペーッ」
【順】     「うちもまた燃えてきたっやったるでっ!!」
【和子】   「ぶへへ~っさぁさぁ配牌どうでっか~悪かろ~悪かろ~」
【一平】   「コージのカタキっ……とってやんぜっ」
【順】     「死んでないけどなっ」
周期的に回ってくるハイなテンションが拍車をかけ再び卓が燃え上がる。
【和子】   「ぶへへ~」
この野郎め…。
しかしこのやり方をしている以上貴様に勝ちはないっ。
カス手を捨てて役満を狙いに来た時……
そここそが貴様の命日だっ。(徹夜テンション)
【一平】   「ここまできた以上……」
【一平】   「30時間だろうが40時間だろうがどこまでもやってやるぜっ!」
【一平】   「この戦いは……始まったばかり――――――」

【こうじ】    「天・和っ」

―――――――――――――――――――――――――――――――

はい、麻雀を知らない人には何言ってるかわからないSSでした()
以前書いたものですが一記事でどれくらいの容量書けるかのテストで投稿。 
一応キャラ名を麻雀の役からとっているのですが…わかりにくいですね(‘_`) 


【空】    「先輩……」
【壬虎】  「ん?」
【空】    「capital punishment or treat…」
【壬虎】  「…何だって?」 
【空】    「あれ? 知らないんですか先輩」
【壬虎】  「いや…多分あれだろうなーってのは見当がつくんだ」
【壬虎】  「ただなんというかだな――――」 
【空】    「capital punishment or treat」
【壬虎】  「なんか決定的に違うんだけどぉぉおっ」 
【壬虎】  「キャ、キャピタルパ、パニッシュメント…? って何だよ!?」 
【空】    「あれ? 知らないんですか先輩」
【壬虎】  「その上から目線いらなくね?」 
【空】    「capital punishment」
【空】    「つまり死刑ですね」
【壬虎】  「何ハロウィンっぽい言葉で怖いこと言ってんの!?」 
【空】    「大丈夫ですって。こんな日なんですから先輩なら持ってるはずです、お・か・し」
【壬虎】  「何コイツスゲェ殴りたい」
【空】    「じゃないとぉ…capital punishmentで・す・よ?」
【壬虎】  「よし決めた殴る。すぐ殴る」
【空】    「ちょちょちょっ」
【空】    「だからお菓子くれたらそれでいいんですよ? 後生ですからお願いしやすよぉ」
【壬虎】  「いやだからねぇってそんなの」
【空】    「それお菓子っお菓子っ」
【壬虎】  「スゴイなお前。とどまることを知らないウザさだな」
【壬虎】  「ってかお前なんでいきなりそんなこと言いだしてんだ?」
【空】    「え? やだなぁ先輩。決まってるじゃないですか」
【空】    「今日が『そういう日』だからですよぉ」
【壬虎】  「そういうって?」
【空】    「いやだからハロウィ――」
【壬虎】  「今日2月14日なんだけど」
【空】    「・・・・・・・・・・・・」
【壬虎】  「・・・・・・・・・・・・」
【空】    「チョコ下さいよ先ぱぁぁぁあいっっっ!!」
【壬虎】  「男のくせに女々しいくだり入れてんじゃねぇよコラっ」
【空】    「このままじゃ俺一個もチョコもらえないっすよぉぉおおおっ」
【壬虎】  「普段男っぽい名前だとか馬鹿にする癖によく頼めるねお前」
【空】    「それチョコレートっチョッコレートっ」
【壬虎】  「ったく…わかったよ」
【壬虎】  「しょうがねぇから一発で鼻血が出るようなのくれてやるよ」
【空】    「ま、まじっすかっ! いやー普段男女な先輩でもこんな時くらいは役にた――」
【壬虎】  「ほらっ人中一発っ」
【空】    「ひでぶっ!!」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

……あれこれハロウィンネタ? バレンタインネタじゃ…?
まぁ時期とか関係なく、単純にチョコねだる女々しい男が書きたかっただけですね、はい。
いやーそれにしても日付変わるギリギリでしたね(ガッツリ意識しとるがな

では長くなるとあれなのでこのへんでーサラバッ・ω・ノシ 


【カズキ】  「ほれ、ドーナッツ買ってきてやったぞ
        好きな方取れ」
【久志】   「えっホント! どんなのどんなのっ」
【カズキ】  「チョコのとイチゴのだ」
【久志】   「ん~どうしよっかな~」
【カズキ】  「早く決めんと適当に食うぞ」
【久志】   「ちょ、ちょっと待って、今決めるからっ」
【久志】   「んんんー……よしチョコだっ」
【久志】   「……いや待て待て、よく考えるんだ僕」
【久志】   「ホントにチョコを食べたくてチョコを選ぶのか? 否っ」
【久志】   「そうだ…僕はなんとなく。
        そう、なんとなくで選んでしまった」
【久志】   「イチゴ……なんて甘美な響きなんだ」
【久志】   「よし、僕はイチゴだっ! イチゴ以外認めないっ
        僕はイチゴ以外を決して認めないぞっ」
【久志】   「待ってろイチゴっ僕は今君へ手を伸ばし――――」
【久志】   「って、えっ?」
【カズキ】  「スマン。長かったから先にイチゴ食っちまった」
【久志】   「なん……だと……?」
【カズキ】  「いやお前『よしチョコだっ』って言ったから、そこで」
【久志】   「序盤の序盤じゃねぇかっ長くなる前に食ってんじゃねぇかっ」
【カズキ】  「お前がチョコって言ったからイチゴ食ったんだろ」
【久志】   「くっ……もういいよ。素直にチョコ食べますよ、えぇ」
【久志】   「確かに最初にそう言っちゃった僕も悪かっ……え?」
【カズキ】  「スマン。長かったからチョコも食べちまった」
【久志】   「結局どっちも食ってんじゃねぇかぁあああ」
【カズキ】  「いやでもお前『僕はイチゴ以外を認めないっ』なんて
        言ってたからチョコいらないのかと」
【久志】   「その流れちゃんと聞いてたんならイチゴの方ちょっとは
        残しとけやぁあああっ」
【カズキ】  「これが『NTR物の寝取られヒロインに妹がいた場合
        妹も大抵寝取られるの法則』だ。覚えとけ」
【久志】   「食われただけにね。って上手いこと言ってんじゃねぇえっ!!」

(最後のが書きたかっただけですスイマセンm・・m
んんー「」の始点のズレが気になる…何が原因でしょう;;
それと、やっぱり長くなりますねー。
もちょっとしっかりしたSSを投稿する際はいくつかに分けるようにしようかな; 

このページのトップヘ